特許開発

FSPテクノロジーは電源関係の研究を20年以上研鑽して来ました。電源産業について、取得した特許はPC power, IPC power, Redundant power, Adapter power, LED lighting power, TV power, UPS, PV inverter と Medical power.

本技術はアダプタ前段の入力整流フィルタ回路を補助基板上に独立し、設置することでメイン基板上に配線や部品のセッティングのためのスペースを確保することができます。

本技術將適配器前段的輸入整流濾波電路獨立設置於輔助電路板上,使主電路板上有更多空間可以佈線及設置元件,並透過元件編排設計使得在同等尺寸規格的條件下,適配器電源的體積只有現有技術的一半,能滿足小型化電子設備的需求。

本技術は太陽光発電システムのインバータに応用されます。レギュレータ回路で接地検知し、PV接地とレギュレータ側の出力電圧差を発生させて、太陽電池モジュールは地絡が発生したかどうかを判断する上に、保護装置を作動させ、漏洩電流による感電や火災の発生を防止することができる。

本技術は太陽光発電システムのインバータに応用されます。前後の入力電力の変化量をかく乱させ、予め設定した変化量より大きいか否かを判定し、サンプリングしたシステムノイズは入力電力の偏移によりMPPTを誤差する現象を軽減する。インバータ全体の動作安定性を向上出来ます。

本技術は太陽光発電システムのインバータに応用されます。前後の入力電力の変化量をかく乱させ、予め設定した変化量より大きいか否かを判定し、サンプリングしたシステムノイズは入力電力の偏移によりMPPTを誤差する現象を軽減する。インバータ全体の動作安定性を向上出来ます。

 

 

この技術は電源供給ユニットに使用されます。制御回路を利用し、サージ抑制装置によって形成された伝送路を介して電源ON時のサージ電流を抑制する。電源が安定化した後、補助回路から提供したリーケージインダクタンスを別の低インピーダンス導電路に切り替えます。これにより、電路の電力損失を下げることが出来ます。

本技術應用於適配器,利用轉接器的輸入端組的配置,可與電源單元以可拆卸的方式進行組接,可根據不同需求更換不同規格電源單元,以及進一步地可組接複數電源單元而達到組合式或備援式的電源輸出。使外置式電源供應模組具備多樣化的搭配能力,外置式電源供應模組能被有效利用、減少資源浪費。

本技術應用於加長型電源供應器,利用加長型電源的外殼處的配合連接結構以及連接件,以在不改變機殼上原有的電源連接結構的條件下使得加長型電源可靠地連接於機殼上,同時還具有結構簡單及實用性強的優點。

本技術應用於備援式電源供應器,利用輔助電源轉換器運作於空載轉換狀態的機制,而不進入休眠狀態,當主電源轉換器發生供電異常,輔助電源轉換器不需自休眠狀態下重新喚醒,只需將所產生之輔助電源的電壓準位提升至工作準位,即可立即地代替主電源轉換器來對負載進行供電。

可有效避免因輔助電源轉換器的喚醒時間過久而造成負載的供電發生間斷。

hi this is over contact us
item is select