無限の潜在能力を持つ近年のストレージシステムソリューション

2021-11-17

2020 年『Distributed Control Methods and Cyber Security Issues in Microgrids』は、電力貯蔵システム (ESS)が電力システムの電力を貯蔵できる形式に変換するもので、必要な時には電力に変換できる装置だと示しています。電力貯蔵システムの中心とその運営方法をもっとよく知りたいとお考えかもしれません。

実行可能性のある技術、最近の投資と市場牽引力に基づき、一部の長期電力貯蔵システムはすでに時の試練を経ています。もうすぐ最も将来性のある5種類の電力貯蔵システムソリューションとそれに伴う影響についてさらに理解することができるでしょう。

なぜ電力貯蔵システムが必要なのか

簡単に言うと、電力貯蔵は省電力によってその後の電力需要を満たせるからです。電力貯蔵システムはそのバランス措置のもとで重要な役割を果たし、より弾力的に、より信頼できるグリッドシステムを創出して使用に供することができるのです。改良された電力貯蔵システム技術は多くの経済と環境保護効果をもたらしてくれます。

電力貯蔵システムのメリットまとめ:

低コスト発電所が夜間も稼働を続けるなどして需要が供給を上回った時、過剰に発電された電力を電力貯蔵システムに給電することができます。

信頼性があり、クリーンな給電を実現しようとするなら、そのカギは電力貯蔵システムにあります。再びAA電池を使用することはありません。実際に電力貯蔵システムはもうすぐグリッドの中でより重要な役割を果たすことになります。これも再生エネルギー発電量の増加に役立ちます。風力発電と太陽エネルギーは素晴らしい選択肢ですが、これらは信頼性に乏しいのです。新技術の開発によってグリッドと全国のすべての場所に大量の電力を貯蔵することが可能になるのです。

私たちが電力貯蔵システムを必要とするもう一つの理由は再生エネルギーによる発電量を増加して使用できるということです。その他のメリットには、グリッドの安全性がより高まり、CO2排出量が減少して、新たな就業機会を創出し、経済がよりよくなることです。

将来性のある電力貯蔵システムソリューション

過去数年に開発された様々な電力貯蔵ソリューションは発電から末端消費者で使用する電力またはエネルギー需要のいかんを問わず、これらソリューションはグリッドを統合することができます。以下にグリッドに設置できる電力貯蔵システムの現在のトレンド5種を紹介します。

1.      フロー電池:レドックスフロー電池(燃料電池)は高エネルギー密度の電解化合物(水素-臭化リチウム、臭素-水素、有機物)を個体電極に代替する電力貯蔵システムソリューションです。化合物はフィルムで区分けし、液体がそれぞれの空間で循環し、充電と放電を行います。イオン交換が発生して、大量のエネルギーを貯蔵できるため、グリッドへの接続に向いています。

2.      揚水式水力発電:揚水式水力発電は電動ポンプで下方の貯水池から上の貯水池へ汲み上げた水でエネルギーを貯蔵するというものです。余剰電力があるとき、システムは水を上方の貯水池にポンプで汲み上げてから、必要な時にタービンを通じて水が下に流れる力で電力を発生させます。効果は良好ですが、設備を設置できる場所が非常に限定されます。

3.     圧縮空気エネルギー貯蔵システム:最も将来性のあるエネルギー貯蔵ソリューションの一つが圧縮空気です。圧縮空気エネルギー貯蔵システム (CAES) 工場は揚水式水力発電所と比較できます。ただし、その方式は自然環境の空気を圧縮し、その圧力で地下の洞穴にそのエネルギーを貯蔵するというもので、水を下の貯水池から上の貯水池までポンプで汲み上げるものではありません。エネルギーが必要な時、加圧した空気をタービン内で加熱膨張させて発電機を駆動して電力を発生します。現在、このエネルギーをピーク時間帯に多く電力が必要な発電所に導入する方法を専門家が研究中です。

4.    フライホイールエネルギー貯蔵システム:フライホイールエネルギー貯蔵システムの稼働方法は、回転子が高速まで加速し、動力を維持することを回転エネルギーとするものです。ほとんどの先進的なフライホイールシステムには高強度の複合回転子の磁性軸受けを使用しており、その他形式のものよりも早くエネルギー容量を実現します。この機構は最近、再生エネルギー拡張機会とグリッドの安定性に応用されています。

5.    電池電力貯蔵システム:このような電力貯蔵システムは高い効率のリチウムイオンによる充電が可能な電池プラットフォームを使用します。PV(太陽光発電)モジュールが直流電気 (DC)を生じ、電池はDCで電力を貯蔵します。住宅では交流電気(AC)を使います。必ずインバーターでDC電源をAC電源に変換しなければなりません。屋根の電力はインバーターを通って交流電気になります。従来の電池に伝送するときは直流電気に変換します。

 

FSP エネルギー貯蔵システムについて

再生エネルギーはあちこちで見られますが、その供給の信頼性は限定的です。しかし FSP を採用しているエネルギー貯蔵システム (ESS)はスマートグリッドに高い信頼性を持たせることが可能で、そのコストも受け入れられやすいものです。しかも将来はさらに普及します。高性能電源のエキスパートFSP は最近 EMERGY シリーズのポータブル型家庭用電池をエネルギー貯蔵システム市場に参入させます。

FSP のスマートグリッドソリューションは家庭と産業アプリケーションにおける理想的な選択です。スマートシティ、商工業、へき地のコミュニティや島嶼の公共事業に使用できます。スマートグリッド、マイクログリッド、分散型発電または再生エネルギー統合にかかわらず、私たちの専門性のある電池はいずれもあらゆるエネルギー貯蔵ニーズにお応えします。夏季の示す通り、私たちの製品と方法が再生エネルギーの貯蔵と管理のソリューションによって、クリーンで信頼性のある電力を発電してより良いエネルギーを創出します。

 

 

FSP グループは 、AC-DCパワーサプライ製品プロバイダー上位10社のうちの1社です。安定した生産能力と全面的な生産ラインがユーザーのパワーサプライへの様々なニーズにお応えします。FSP は600 以上の 80PLUS 標準を通過したモデルを揃え、環境に最も優しく、最も優れたパワーサプライ製品を提供して、ユーザーに環境保護技術を提供しています。  FSP の品質保証と特許を詳しく知る。

一部のエネルギー貯蔵プロジェクトは引き続きグリッドを改革します。FSP はそれに参与する1社です。FSP お客様に最も弾力的かつカスタマイズできるエネルギー貯蔵ソリューションをご用意します。改善された電力貯蔵と分配方法は再生エネルギー発電の使用を増やします。同時に高い給電信頼性を維持します。世界各地の消費者と企業に役立つだけでなく、さらに世界と将来にとっても有益です。

hi this is over contact us
item is select