30th Anniversary

エッジコンピューティングとクラウドコンピューティング:優れているのはどちらか?

2022-06-22

はじめに:エッジコンピューティングとクラウドコンピューティングとは?

調査結果によると、2020年に企業の60%がクラウドへ移行しています。クラウドコンピューティングは普及が進み、今では日常生活の一部と化していますが、エッジコンピューティングも勢いを増しています。このガイドでは、エッジコンピューティングとクラウドコンピューティングについて説明し、その違いと利点および欠点を強調して、最適なコンピューティングソリューションを選定していただけるようお手伝いします。

エッジコンピューティングとは?

エッジコンピューティングは、データストレージとインテリジェンスを個別のユーザーへ近づける概念です。基本的に、エッジコンピューティングでは、データをソースからストレージ設備やネットワークへ転送する代わりに、データセンターをユーザーの近辺に配置することを優先します。「ユーザーに近づける」とは、必ずしも物理的な距離を意味するわけではないことを理解しておくことが重要です。この理論の基本は、サービス、インテリジェンス、データをユーザーとその装置やデバイスへ近づける、論理エッジを特定して目標にすることです。クラウドコンピューティングではネットワークのコアに注力することが多いのですが、エッジコンピューティングはネットワークのエッジを活用します。

クラウドコンピューティングとは?

クラウドコンピューティングは、インターネット上でホスティングされる、一群のリモートサーバーを使用します。クラウドサービスは、従来のデータセンターやローカル/プライベートサーバーの代替となります。

エッジコンピューティングとクラウドコンピューティングの利点と欠点とは?

エッジコンピューティングとクラウドコンピューティングのどちらにも、利点と欠点が存在します。以下、そのいくつかを紹介します。

エッジコンピューティング

利点:

 

欠点:

クラウドコンピューティング

利点:

 

欠点:

エッジコンピューティングとクラウドコンピューティング:優れているのはどちらか?

エッジコンピューティングとクラウドコンピューティングのどちらにも利点と欠点が存在します。使用するシステムを決定したり、2つを組み合わせる可能性を模索する前に、それぞれの利点と欠点を考慮し、御社の目標にどれだけ合致するかを検討することがお勧めです。クラウドコンピューティングの方が都合のいい企業組織もあれば、その逆も存在します。ほとんどの企業は、両方を使用するメリットがあります。

 

クラウドよりもエッジのほうがよい状況も、またその逆も存在します。以下、エッジコンピューティングまたはクラウドコンピューティングのソリューションを使用すべき例を紹介します。

クラウドコンピューティング

以下の場合にクラウドコンピューティングを使用してください:

エッジコンピューティング

以下の場合にエッジコンピューティングを使用してください:

動向

エッジコンピューティングの市場は、2021年~2026年にかけて、年間19%成長する見込みです。大手IT企業の70%以上が、顧客用にエッジコンピューティングをすでに使用しており、これは今後数年間続く傾向を示しています。エッジコンピューティングはクラウドコンピューティングを置き換えることが目的ではなく、企業や個人がクラウドを使用できない場合や、使用時の問題を解決するために多く利用されます。企業がメリットを得られる方法として、両方のシステムを採用して共存を進めることが挙げられます。

結論

クラウドコンピューティングは長年にわたって話題を集めてきましたが、エッジコンピューティングの利点に注目する人々の数も増えています。どちらも、アプリケーションに応じて利点と欠点があり、両方のモデルを採用するメリットもあります。

FSPが推奨するエッジコンピューティングのソリューション

FSPは以下のエッジコンピューティングソリューションを推奨します。

 

  1. FSP2000-20FM
  2. FSP2000-20HM
  3. FSP2400-20FM

 

当社のエッジコンピューティングソリューションについて、ご質問、または詳細情報やアドバイスをお求めの場合は、お気軽にご相談ください。

 

FSPについて

FSPテクノロジーは、世界最先端の電源メーカー一員です。1993年成立時から、「サービス、プロフェッショナル、イノベーション」の経営理念を持って、全方面でグリーンエネルギーで解決するメーカーです。

hi this is over contact us
item is select