エッジコンピューティングとその活用方法 エッジコンピューティングを理解する

2021-12-01

台湾では小型のサーバーが多く利用されています。小型サーバーは高速・高品質の通信を可能とする光ケーブルで互いに接続されています。理論的には、これら複数の小型サーバーが一つの巨大なデータセンターとなり、ユーザーのニーズを満たしています。これがエッジコンピューティングなのです。

 

エッジコンピューティングとは?

 

| エッジコンピューティングのソリューション |

 

エッジコンピューティングとは?

エッジコンピューティングとは、個別ユーザーからのデータを可能な限り近くに保存するプロセスです。保存する場所は周辺機器かネットワークの端点です。ネットワークの端点を利用し、データ保存装置やプロセッサーをサーバーと適切に組み合わせることには多くのメリットがあります。この手法によりデータがユーザーにより近い場所に保存されるため、遅延を最低限に抑えることができます。これは、必要とする距離を最短に縮める分散型ITネットワークと言い換えることができるでしょう。こうしてサービス速度が向上し、価値の向上につながります。

 

エッジコンピューティングの仕組みは?

エッジコンピューティングで最重要となるのは位置の問題です。インターネットで伝送されるデータ量の増加は著しく、従来のデータセンターでは追いつかない状態です。そのため、インフラの論理的エンドポイントに注意が向けられるようになり、データ生成点へのリソース移行が考えられるようになりました。つまり、データをデータセンターに移すのではなく、データセンターをデータに近づけるという考え方です。「近づける」と言っても、物理的に近づけるのではなく、ルーティングで最短にするということです。企業はクラウドなど複数のサービスプロバイダーを利用することがありますが、それらのシステムはいずれも端点となる可能性を持っています。ただ、保存装置とサーバーはデータが存在する場所に設置する必要があり、幾つかの演算設定で遠隔LANを操作し、演算装置をネットワークで利用することにより、環境による影響を防ぐことが重要となります。またデータ処理の際にデータフローの標準化と分析を行い、ビジネスインテリジェンスに役立てることもできます。主要なデータセンターに送られる分割データのルーティングが行われます。

 

エッジコンピューティングの長所 (遅延の低減、シンプルなメンテナンスなど)

エッジコンピューティングはインフラの問題を解決するため、多くのメリットがあります。

 

エッジコンピューティングの使用事例

データ保存を分散化させた多くの企業は、データを身近に置くことに大きなメリットがあることに気づきました。

エッジテクノロジーにはまだまだ多くの実用方法があります。上記はその一部にすぎません。

 

エッジコンピューティングハードウェア設備および供給電源の関係

エッジコンピューティング設備について言うと、消費電力は避けられない問題であり、設備の装備する機能が多いほど、必要な電力も多くなります。電力のニーズを考慮する際、産業用モノのインターネット環境では信頼性のない不良な電源(dirty power sources)が多く存在し、あるエッジコンピューティング設備は常にオンの状態とは限りません。それである種のアプリケーションプログラムは低電量および代替電源等のエネルギー保存システムが必要となります。また供給電源のワッテージ面では、異なるハードウェア設備がそれぞれのワッテージおよびサイズを有していることから、より大きなハードウェア設備のワッテージはより大きくなり、サイズもさらに增大しています。エッジコンピューティングユニットがより効率よく動作するよう、エッジコンピューティングユニットの設計面では、システムの複雑さを低減して、反応時間を短縮しています。この際、供給電源ユニットを小型にして、効率および放熱を向上させることが重点となっています。

 

供給電源がエッジコンピューティングのパフォーマンスに及ぼす影響

エッジコンピューティングは各産業のOT部門において大きく異なっています。すなわち、製造業の工場部門では、固定された工業自動化設備のメンテナンスと保護、エネルギーおよび公共事業などの産業部門ではリモートアセット、運輸、鉄道、採鉱、農業分野ではモバイルアプリケーションプログラムといったように。各産業において独自の規格と認証があり、これらによってメンテナンスと応用分野の知識、ベストプラクティス、安全性を確保しています。従来のデータセンターの安定した環境と比べて、供給電源はエッジコンピューティングの環境およびハードウェアのサイズの面で様々で、電源の効率については、電力密度および信頼性が重要な影響を与えます。この内、「電」がキーファクターとなり、供給電源が不安定だと停電になってしまうのはよくある問題で、また高負荷の際、高電圧提供における漏電の有無がハードウェア設備の動作、さらには工業面の安全の問題となり、低負荷においては効率が小さくなく、安定した電力供給が行われて設備が基本的なコンピューティング機能を維持することが大切です。ITおよびクラウド環境において欠点を補えるものの、中核となる影響はハードウェアの品質によるもので、高品質の供給電源でエッジコンピューティング裝置が正常稼働し、大量のデータ処理においてデータ損失、データ変質等が生じないことが求められる部分もあります。エッジコンピューティングがさらに安定して優れたパフォーマンスを発揮するには、優れた供給電源が不可欠な要素となります。

 

エッジコンピューティングの応用における電源選択

エッジコンピューティングの問題として考えられるのは電源の需要です。サーバーの位置は問題ではありませんが、高性能のプロセッサーがどうしても必要となります。電源を選ぶ際に考慮すべき点としては、設置する位置、入力規格、操作温度、IP等級 (IEC60529) (IP-異物保護等級)、サージ対応、電源プラグなどがあります。停電などの問題がなくても、これらの要因は効率、機能、ネットワークの連続性などに大きな影響を及ぼします。

 

エッジコンピューティング、IoT、そして5Gの可能性

エッジコンピューティングは次々と生まれる新テクノロジーを体現したものと言えます。その使用可能性、機能性、性能は日ごとに強化されつつあり、ますます多くの製品にエッジテクノロジーが採用されるようになっています。今後、データの分散化には一層拍車がかかることでしょう。5Gの台頭により車両の自動運転などの能力が向上しつつありますが、これもエッジテクノロジーに大きな影響を与えるものとなっています。エッジテクノロジーにより無線ネットワークの柔軟性が向上すると同時にコスト削減も実現します。IoTの進展には目を見張るものがありますが、エッジコンピューティングもそれに伴い必ず成長を遂げることでしょう。開発中の MMDC (マイクロ・モジュラー・データセンター)は小さな箱に収まるサイズなので、必要なデータに最も近い位置に設置できる装置として大きな期待がかかっています。 

 

FSP のエッジコンピューティング電源ソリューション

FSP は使用中のエッジコンピューティングのソリューションを提供しています。これらのソリューションは多重通信テクノロジーを利用したもので、ネットワークを強化するものです。これを実現するには、最適の電源供給と各種の関連機能が必要となります。データセンターへのアクセスやデータ分析が一層容易になるならば、業務機能の向上につながります。

 

FSPには、クラウド、エッジコンピューティング、およびその他のアプリケーション分野に適した完全なCRPS製品ラインがあります。

FSPには、クラウド、エッジコンピューティング、およびその他のアプリケーション分野に適した完全なCRPS製品ラインがあります。

FSPについて

FSPテクノロジーは、世界最先端の電源メーカー一員です。1993年成立時から、「サービス、プロフェッショナル、イノベーション」の経営理念を持って、全方面でグリーンエネルギーで解決するメーカーです。

hi this is over contact us
item is select