30th Anniversary

電源供給装置クラス2とクラスIIの違いは?

2022-09-05

クラス2電源装置とは?

「クラス2」とは、米国電気工事規程(NEC)のクラス2電源の認証のことです。NECのクラス2は、電源出力側と負荷入力側間の接続要求を規定したものです。出力電圧と電力伝送能力を制限することで、火災や感電のリスクを低減することができるため、低コストの接続方法を採用することができます。

 

NEC第725条にはクラス2電源装置の制限が明確に定義されています。

 

クラスII電源装置とは?

「クラス II」とは、国際電気標準会議(IEC)がクラスIIに指定する電源装置の保護等級です。IECは電源装置を3つの安全保護等級、クラスI、II、IIIに分けています。この3種類の等級は異なる方法を通して電源装置のユーザーが危険電圧を識別するためのもので、医療用電源装置にしばしば用いられています。クラス Iは基本的絶縁(例:電線の絶縁層)と接地端子で感電を防ぎます。

 

クラスIIは、接地端子に接続せず、回路と中性線にだけ接続します。クラス IIの感電防止方法は基本的絶縁に加え、電源装置の構造に絶縁と間隔構造を加えたものです。ユーザーと導体の間に二層の絶縁層または単層の強化絶縁を用いて出力と入力を隔絶します。二層の絶縁層がある電源装置の中で、一層目の絶縁は基本的絶縁と呼ばれます。基本的絶縁の例としては、電線の絶縁層があります。二層目の絶縁は製品のケースです。通常のコンセントに接続する電源装置や卓上型PC用電源装置のプラスチックケースがそれです。

 

クラス2とクラスII電源の違いを認識できれば、混乱を避けることができ、ユーザーを保護することになります。これらの認証は、装置の故障やユーザーの危険を避けるために設けられています。「クラス2」とは電源の出力電圧と電力を指すものです。「クラスII」は電源装置の保護等級で、電源の内部構造と絶縁を示すものあることがわかります。

FSPについて

FSPテクノロジーは、世界最先端の電源メーカー一員です。1993年成立時から、「サービス、プロフェッショナル、イノベーション」の経営理念を持って、全方面でグリーンエネルギーで解決するメーカーです。

hi this is over contact us
item is select